スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マサヤンに捧ぐ
この記事は謝罪文としてマサヤンにささげます
週に1度休み前の夜午前2時にマサヤンと密会を
することが決まりだった、
しかし最近は自分の帰りがアレ的な時間だったり
などで、マサヤンには苦労をかけていた

そして昨日、日付的には今日も密会の日であった、

発端は昨日の午後の仕事の最中だった、
「おい、今日お前の歓迎会するぞ」
ただその一言から始まったのだ
歓迎会をやるということでその日の仕事は速めに終わった

10時歓迎会開始
ボクはビール・・・というか炭酸が飲めない
しかしボクの目の前にはビール&大将
どうする俺!
1、がんばって飲む(そして大将の顔に吹く)
2、がんばって飲む(そして死ぬ)
3、逃げる←

ボクが逃げるを選択する直前に先輩が
大将の目を盗んで殻ジョッキをボクの
ビールと交換してくれる(結婚したくなる)

やっと日本酒が出てくる、ここぞとばかりに
飲む、飲む、飲む!
タダ酒うまうま

時間を気にしだす(23時)
もしもの時のためにマサヤンに連絡を
しておこうと、携帯を取り出す・・・
取り出す・・・?取り・・・
携帯を忘れたことに気づく
仕方ないので飲む、

だんだん大将が説教モードになってくる
「はい、はい、いやーそうですねぇ」
回避呪文を唱える

0時歓迎会終了
今日は何とか間に合うと思っていた矢先
先輩「大将も帰ったことだしもう一軒いくよな?」

イエスorイエス

バーに行く
(バーでのことはまた今度書くとして)
午前2時半終了する
かえってPCを起動したところで死す

次の日(今日)7時起床
店に行き休みの日の仕事を終わらせる
マサヤンからのメールを見る

本当ご迷惑をかけました
スポンサーサイト
2009/06/30(Tue) | マミー | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コメント
----

そんなことより小説をとあれほど
by: マサヤン * 2009/07/01 18:23 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tm2akuyu.blog71.fc2.com/tb.php/421-c1f82e1d
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。