スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マミーの視点から儀式を見てみる
マサヤンが人間不信に陥ったところで人間でないボクには
関係ないが、ボクの命も残り少ないことだし特定保護生物
のマサヤンの絶滅を防ぐため活動してみる
マミー視点から話すと・・・え~とまず
家を出る(家出じゃねぇ)

酒屋で柚子小町を購入

マサヤンのプレゼント(ビニールの本カバー20枚)を買う

長門さんで和む

遅い昼食

マサヤンの住処到着

ジョンを迎えに行く

ジョンに長門さんの素晴らしさを説く

ジョンは電話を切る

ジョンに長門さんに祈るようすすめる

ジョンは電話を切る

オプションとしてマミーをすすめてみる

ジョンは電話を切る

横浜で無くパールハーバーでもなくヨットハーバーに着く

ジョンがやっと改心して長門さんの素晴らしさを認める

マミーの目の前を長門さんがちらつく中車を走らせる

黒曜邸到着

お酒とかつまみを買出し

牛丼屋に行く

店員がかなりのツンツンで誰かがアレのデレを
引き出してくれるか期待する、

誰一人牛丼を注文しないというクオリティ

店員がセットの味噌汁を出さないという反撃

店内の紙ナプキンからはとうとう鶴が誕生することは
なかった

ボクが車へ先に乗ってしまったため、皆が迷う
(人生に迷っているというのにさらに迷うとは・・・)

帰宅

マサヤン&黒曜氏誕生日とボクの社会という名の
リアルへの挑戦おめでとう?会開催

ぶっちゃけただの飲み会

お酒が無くなる

コンビニに買いに行く

飲む

飲む

飲む

一人また一人と夢の中に

朝(7:30)起床

長門さんに朝の挨拶

学校のあるマサヤンを送るため車に

朝日で軽く消滅しかけるボクとマサヤン

ボクの瞳の中の長門さんを見ながら発進

1時間くらいでマサヤン住処到着

お金を振り込む(オレオレ詐欺ではない)

ガソリンをいれる

ガソリンスタンドの子がとてもドジッ子

マミーのマネーが底をつく

車が爆発を起こさないことを祈り発進させる

黒曜邸到着

まだ寝ているジョン他を起こす

まだ寝ている黒曜さんに落書きをしようとする

ペンを探している間に黒曜さん起床・・・無念

グリーンと別れる

黒曜さんと二日酔いのジョンを美容院に連れて行く

マミーはジャンプ(ジョンの液○ャベを買うついでに
買った)を読んで待つ

待つ

待つ

どんなハッピーやろうになるかと思ったが案外普通に
似合った髪形になってしまったジョンと黒曜さん

ラーメンを黒曜さんのおごりで食べる

古本屋に立ち寄る(途中幼女の誘惑に負けそうになる

黒曜さんに別れを告げる

1時間かけジョンを家までおくる

自宅へむけ車を発進

幼女の誘惑に

幼女の

幼女



ボクには長門さんしか見えていないから
そんな誘惑には負けないけどね


2時間かけ到着

永眠

疲れたからもし、つけたしその他あったら自分で記事を書け、
(書くとしたらジョンか黒曜さんだろうが)
スポンサーサイト
2009/03/18(Wed) | マミー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

大事なとこ強調した
by: マサヤン * 2009/03/18 01:43 * URL [ 編集] | page top↑
----

ナイスな強調!
by: マミー13 * 2009/03/19 00:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tm2akuyu.blog71.fc2.com/tb.php/358-c04c3e1b
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。