スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
すわっ
諏訪湖行ってきた(3回目

・聖地巡礼ツアー2008(秋)~落ちる堕ちる散る季節編~

とゆーわけで諏訪行ってきた
今回、木崎湖は時間とか路面凍結とかの関係でなし

行ってからこの記事書くまでの間が長くてあんまり覚えてない


行って来ましたよ


出発は午前4時ちょっとまえ
ホントは3時には地元を出るつもりだったんですが僕が寝坊したんで・・・・・・・
んで、下道で諏訪までブロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
下道でね
いつもなら
R151→R153→飯田IC→諏訪SA(休憩)→諏訪IC→到着
なんだけど今回は
R151→諏訪
書くと短いのぅ
実際は1.5倍ぐらい時間かかったんですけどもね

とにかく峠暗い
友人と二人で行ったんですが、山道で電気消して何処を見ても真っ暗な中でキャーキャー騒いでましたよっと
悲しくなんかないもん(´;ω;`)ウッ…

到着したら見事な曇り・・・


まずは藤島神社→洩矢神社
特になし

・ちょっと説明(合ってるかはわかんね
この藤島神社と洩矢神社は天竜川を挟む形で点在しているんですがそれには理由があって
その昔、諏訪の地には洩矢神がいました。その諏訪に建御名方神(たけみなかたのかみ)が侵入、争いになり
その争いの時に天竜川を挟んで洩矢神、建御名方神がそれぞれ陣地をとったそうです
その時の両神の陣地跡にそれぞれの神社が出来たそうです。
厨二にはとてもアツい内容ですね
ちなみに軍配は建御名方神に


そして諏訪大社下社秋宮

紅葉すげーーーーーーー
秋宮と駄人間


しかし写真だとわかりにくいんですね、わかりました


そして諏訪大社下社春宮へ
この春宮は下社の祭神である八坂刀売神(やさかとめのかみ)が2月から7月まで鎮座されるという所

・またここで説明
諏訪大社上社の祭神は建御名方神
諏訪大社下社の祭神は八坂刀売神
八坂刀売神は建御名方神の妻らしいです。

ちなみに八坂刀売神、建御名方神は東方風神録の八坂神奈子様の元ネタ
そして先の藤島神社、洩矢神社の説明に出てきた洩矢神は洩矢諏訪子様の元ネタ
この事を藤島神社、洩矢神社の話に当てはめるとおもしろいんだなぁ
まぁスペカにもあるんだけどね「諏訪大戦 ~ 土着神話 vs 中央神話」とね


最近一部で話題の万治の石仏を見てきましたよ


次、諏訪大社上社前宮へ
お仲間っぽい人を発見、そしてかなり寒い

諏訪大社上社にはおもしろい?神事があるんですけども
それは「蛙狩神事」
1月1日に行われ、真冬の川から冬眠中の蛙を捕まえ、弓で打ち、贄に・・・
ちなみに
諏訪子様はカエル
神奈子様はヘビ
をモチーフ?にしてるんですが・・・・・・・・・・・・
この神事の目的については諸説あるようなんですが、その諸説の中で目にとまったのが
害虫として蛙を射止める儀式
えっ・・・・・蛙って害虫なんだ・・・・・・・・・・・
友人にこの話をしたら「うるさいからじゃない?」
だってさ、蛙もたまったもんじゃねぇな


そして諏訪大社上社本宮へ
なんかね七五三だったらしいですわ
場違い間バリバリ最強伝説って感じでしたね
だって回りは幸せそうな親子ばっか・・・
僕は幸せオーラが嫌いです

まぁ場違いすぎたから早くお参りすませようってなったんですけども、歩いているとおばちゃん達がこっちを見ながら拍手&喝采
パチパチパチパチパチパチパチパチ
「おめでとーーーーー」って
僕の頭の中がおめでたいことが皆に知れ渡ったかと思ったぜ

しかしおばちゃん達をよく見ると僕等が歩いているとこより後方を見ていることに気付く
ふと後ろを振り向いたらウエディングドレスを着た花嫁さんがこっちへ歩いて来てる!!!!
しかも結構な早足で!!


ビビッて逃げちゃいましたよ、なんか悪いことした気がするのはなぜだろう


次は諏訪市博物館へ
入館料320円(たしか)、内容と比べるとかなり安いですよ
歴史的な資料の数々、諏訪大社関連の情報とかなり為になりますよ
中でも一番のおすすめは紙相撲
博物館の二階にあるからやってみて、おもしろいよ
男二人で20分ぐらいやってましたね
トントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントトントントトントントントトトントトントントトントンとやりまくりましたよ
館内には僕たちしかいなかったので男二人の笑い声とトントントントンと台を叩く音が響いてましたね


次、手長神社  足長神社
手長神社はなかなかな紅葉でよろしかったんですが
近くに中学校があって、写真を撮っていると不審者に間違われそうで怖かったよ
手長神社の特徴は拝殿?がお参りをするところを中心に見ると建物の長さが左右違うんですよ
こんな感じ

手長神社

これはこの手長神社に祭られている手摩乳命(てなづちのみこと)が右手が大きかったからだそうです(たしか・・・


足長神社は階段がきつい(笑
わかりづらいけど
足長
ホント写真の才能がないのぅ
とにかく階段がきつかったよ、この足長神社に祭られている足摩乳命(あしなづちのみこと)は足が長かったとされているから、階段がきついんだと思う(多分


そして藤島社
最初に行った藤島神社が道路整備だかなんかで移動して出来たのが藤島社・・・・(たしか多分
この藤島社のすぐ横を高速道路が通っているんですけど
その高速道路際の紅葉がキレイなこと綺麗なこと・・・
この日諏訪を巡ったなかでも一番綺麗じゃねぇのかって感じでしたね
なんかくやしいよ

藤島社と駄人間

アルテちゃん

この藤島社をもちまして
・聖地巡礼ツアー2008(秋)~落ちる堕ちる散る季節編~
は終了となりました。

次回は来年春になるはず
今年中に行きたいけど路面凍結とか怖いです。
電車で雪景色もええなぁ・・・・・・
冬の木崎湖行きたいのぅ・・・・・・



ちなみに
ここに書いてある情報は鵜呑みにしないでください
少ない知識と妄想、想像、創造を駆使して書いたので間違いがあるかもめ

そしてこの記事は書いてる途中に二回ほど消えました
二回目に消えた時は全部書き上げた時に消えたのでマジ涙目


超長駄文失礼 _ノフ○ グッタリ

スポンサーサイト
2008/11/16(Sun) | おはだ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コメント
----

超長文お疲れさまです、あらかた間違いは無いように思えますよw(まあ、ボクもさして詳しくは無いが?)
ああ、それと蛙は食べるべきだ!ヽ(゜Δ゜)マテイ
でも、い~なぁ~ああ、ボクも古戦場めぐりがしたい(関係ないし
だんだんと無法化してきたのでこの辺で~
by: マミー13 * 2008/11/16 23:16 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tm2akuyu.blog71.fc2.com/tb.php/243-4272c426
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。